【相場振り返り】勢いのある相場に対応する柔軟性が必要!

2016年06月06日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年5月30日~6月3日の相場を
振り返っていきたいと思います。

先週はようやく相場が動き始めましたね!
雇用統計により大きく円高に動き、
今後が楽しみになってきました^^

大きく動いた先週は自分はどうだったか・・・・。

今回もいつも通りのUSDJPYからのスタートです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

アップトレンドで動いていたUSDJPYは
矢印の場所で安値更新し、転換しました。

日足では元々ダウントレンドなので、
大きな足と同方向に動き始めたため、
大きく下落する可能性があります。

この動きにより、
USDが売られ、JPYが買われる動きになりました!

続いてEURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所でトレンド転換し、上昇しました。

今現在相場を見れば大きく上昇してますが、
転換した当初は、日足ではダウントレンドになったため、
とりあえず上昇しました。

ですが、長期足と逆方向の動きのため
限定的な可能性があると思っていました。

しかし少なくても、
EURGBPが上昇している最中は、
EURが買われ、GBPが売られる相場となります。

この2つのチャートを確認して、
責める通貨ペアは、弱いUSDと強いEURの組み合わせのEURUSDの買い
もしくは、弱いGBPと強いJPYの組み合わせのGBPJPYの売り
この2つのペアのどちらかを選択したいと思います。

まずは、EURUSDの相場をチェックします。

EURUSD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

MACDのダイバージェンス発生後、
矢印の場所で高値更新し、トレンド転換しました。

やはり、思惑通りの上昇です。
今見れば大きく相場は上昇していると確認できますね。

しかし、トレンド転換したときの相場は、
確かに4時間足は転換しましたが、

日足は安値更新している状態で、
ここから大きく相場が上昇することを予想できず、
日足と4時間足のトレンドが全く逆になってしまったため、

EURUSDはキャンセルです。

続いて、
GBPJPYを確認していこうと思います。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

こちらも思惑通りの下落です。

矢印の場所で、直近安値のブレイクと、
トレンドラインブレイクが同時に起こり、
下落方向に転換しました。

日足は、
ダウントレンドからのレンジ相場になっているため、
下落方向に動く可能性は非常に高いため、
下落方向は大チャンスです。

これで、
通貨ペア選択は、GBPJPYに決定です。

では、
1時間足チャートを見ながら
タイミングを合わせてエントリーを狙います。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印は4時間足と同じ場所です。

あとは自分のロジック通りに1時間足で
戻り売りでエントリーすればいい感じだと
戻しのタイミングを待っていたのですが・・・・・

全然戻ってこない・・・。

週末雇用統計により、さらに円高へ・・・。

注目していた通貨ペアは間違いではなかったと思いますが・・
完全に乗り遅れました・・。

このあと、
他のペアで間に合いそうな相場を探したのですが、
どうしても見つけることができず、
エントリーすることができませんでした。

今見れば、
GBPAUDやGBPNZDなどもチャンスはたくさんあったはずですが、
動いている場面では気づくことができずです・・・。

せっかくこんなに動いた相場なのに、
このような相場こそ、自分の得意な相場なはずが、
今回は失敗です。

調整のない強い相場に対応できる考え方を
身につけないと!
と思わしてくれた相場でした。

日々勉強です。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

【相場振り返り】通貨ペア選択の難しさ

2016年05月30日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年5月23日~5月27日の相場を
振り返っていきたいと思います。

5月は全然値動きがなく、
つまらない相場が続いていましたが、
ようやくなんとなく動きが出てきたかなぁと
ちょっと感じるようになりました。

このままどんどん動きが活発になったらいいなぁと感じます。

今回もいつも通りのUSDJPYからのスタートです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足では、
アップトレンドからのレンジとなりました。

とりあえず、安値更新しない限りは
今まで通りのUSDが強い、
JPYが弱いという感覚で行こうと思います。

続いてEURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。
先々週と変わらず下落相場です。

日足でも安値更新し、
下落の勢いが強くなりました。

非常に勢いが強いため
EURの売りか、
GBPの買いを基準として、
トレードしていくことにしました。

早速まずは、強いGBP
弱いJPYを組み合わせます。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

思惑通りの上昇で、
稼ぎまくるはずだったのですが・・・

日足とトレンドの方向感が合わず、
大丈夫かなぁと躊躇しているうちに、
どんどん上昇してしまい、
完全に乗り遅れました・・・。

長期のトレンド方向に乗るのが大好きなので、
今回のように、日足や週足と違う方向に勢いが出てしまう時に、
どうしても一歩遅れてしまうのが、自分の悪い癖です・・・。

ですので、
一気に勢いが出てしまうと乗り遅れちゃいます・・。

というわけで、
今回はGBPの買いを諦め、
EURの売りに焦点を当てて、
トレードすることにしました。

売り通貨は、決定しているので、
買い通貨探しスタートです。

GBPより、強い通貨ないかなぁと探し始め、
まずはUSDと比べました。

GBPUSD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

微妙なところですが、
少なくても4時間足では、アップトレンドに見えるので、
GBPのほうが直近は強いかなと思い、USDは却下です。

続いて、
GBPAUDや、GBPNZDを見ても、アップトレンドで、
明らかにGBPの方が買われていて
なかなかいい通貨が見つかりませんでした。

そのあとようやく面白そうな通貨を見つけました。

GBPCAD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にアップトレンドなのですが、
ダイバージェンス発生後、
明らかに下落の勢いが強くなり、
4時間足では、トレンド転換しました。

少なくても直近相場では、
CADのほうが買われているようにみえました。

ということで、
弱いEURと、強いCADを組みあわせることにしました。

EURCAD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンド中で、
4時間足は矢印の場所で安値更新し、
トレンド転換しました。

とってもいい感じです!

1時間足も見てみます。

EURCAD 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

実際は15分足で
自分のロジック通りにエントリーしたのですが、
今回は1時間足で表示しています。

矢印でエントリーして、×で決済しています。

今現在もちょっと保有しているのですが、
初めての通貨ペアで、
理想通りのトレードができてとっても満足です!

最近楽しいトレードがなかなかできずに
ストレスたまっていましたが、
今回はとっても楽しいトレードでした!

通貨ペア選択ってほんとに複雑で難しいですが、
予想通りはまった時、サイコーです^^

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

【相場振り返り】トレンドの方向にエントリーする重要性

2016年05月23日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の

2016年5月16日~5月20日の相場を振り返っていきたいと思います。

放置していたAUDJPYの確認です。

AUDJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。
結局全然動くことなく相場は戻され、、、
決済となりました。

20pipsほどの利益です・・・。

先週お伝えした通りAUDUSDならそれなりに下落しており、
とっても残念な結果になってしまいました。

気を取り直して、
いつも通りの通貨を確認していきます。

まずはUSDJPYの確認です。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足では、完全にアップトレンドです。

日足や週足はまだまだダウントレンドなので、一時的かもしれませんが、
ここは素直にUSDが強く、JPYが弱いと考えて通貨を確認し要と思います。

続いてEURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

レンジを下にブレイクし、ダウントレンドとなりました。

日足を見ても、完全に安値を更新したため、
今までの日足のアップトレンドは終了しました。

これにより、EURが弱く、GBPが強い相場となりました。

USDJPYEURGBPの確認により、
強い通貨は、
USDGBP
弱い通貨は、
JPYEUR
と仮定し、組み合わせて行こうと判断しました。

自分が選択したのは、EURUSDの下落です。
さっそく確認していきます。

EURUSD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足では思惑通り、きれいに
ダウントレンドを形成しておりました。

しかし、週足はレンジで日足はアップトレンドと
非常にわかりにくい相場状況です。

長期足が汚いため、スイングトレードをすることはできないので、
ここは4時間足のトレンドと、通貨の勢いだけを使って
デイトレで短期的に利益をとろうと考えました。

EURUSD 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

トレンドラインブレイクにて、矢印の場所でエントリー開始です。

そして、MACDのダイバージェンス確認後、
大きく陽線発生したため決済となりました。

80pipsほどの利益となりました。

長期足と逆方向にエントリーすること自体、
自分は久々にやったので、いつ反転するかドキドキしながら
相場に張り付いていました。

EURUSDという通貨ペアも、
しばらくトレードしていなかったので、
なんだか緊張してしまいました。

いくら通貨ペアの勢いがあるとはいえ、
長期足と逆方向のトレードだと、反転を気にして、
いつものほったらかしができずストレスがかかるトレードとなりました。

あらためて、
トレンド方向にエントリーする
この大事さを痛感しました。

長期足のトレンド方向と、
通貨ペアの勢いが同方向に動いているときの
エントリーがやっぱり心地いいです。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る