【相場振り返り】トレーダーはマインドが大事!

2016年08月29日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年8月22日~8月26日の相場を振り返っていきたいと思います。

エントリーしていた、
GBPJPYを確認していきます。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

もともと決済を失敗したトレードです・・。

もう一度下がってくれることを祈りつつ
週明けを迎えたのですが・・・
自分の思い届かず、
どんどん勢いが上に上がっていきます。

もう・・ずいぶん前から
勢いが変わっていることに気が付いていながら、
気が付いていないふりをしながら保有をしてきました。

さすがにもう保有する意味もないと
なくなく諦めて×の場所で決済となりました・・・。

一時期は430pipsくらいの含み益が出ていたのですが、
結果100pipsほどの利益で終わりました・・。

ちょっと落ち込み、、
トレードする気にならなかったので、
分析だけはして、ドライブとかして気分転換する週にしました!

自分は、負けてしまう時より、
今回のような自分のミスで、大きく利益を減らし、
大勝だったはずが、ちょっと勝ちで終わった時の方が
次のトレードでムキになり、
もっと悲惨なミスを犯してしまうことが多かったためです。

自分の性格でダメだと思うことって、
自分も気がついていても、
どうしてもなおせないことってありますよね・・・。

自分はどうしても改善できないため、
最悪なケースを起こさないようこのような形で、
失敗する時の自分になると抑えられないので、
自分の性格を理解してなるべく前に避けるようにしてます!

トレーダーって、
本当にマインドが大事だなぁと
こういう状況になると改めて感じます。

前置きが長くなってしまって申し訳ありませんが、
トレードはしなかったため、
いつもの通貨ペアの分析だけをしておこうと思います。

まずは、USDJPYからです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

先週は、完全にレンジ相場だったため、
USDJPYほぼ同じくらいの強さだったと感じます。

長期足は下落相場でしたので、
いずれ、下落がはじまりJPYは再び強くなり、
買われ始める確率の高い相場でした。

ただし、週末に大きく上昇し、

USDが強くJPYが弱い動きとなりました。

H4では完全にトレンド転換となりました。

このため、USDJPY含めて
クロス円の売りはしばらく封印しないとかなと思います。

長期足はまだまだダウントレンド中なので、
H4の調整の動きの可能性もあるため、
スイングをやるには円を使うのは難しくなりました。

デイトレより短い時間足であれば円売りの考え方、
スイングをやるならばまだまだ円買いの考え方、
トレードスタイルによって考え方を変えないといけないような通貨は、
勝ちにくい通貨の可能性大ですので、
しばらくJPYは様子見です。

続いては、

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

H4は完全にトレンド転換しました。

日足は、まだまだアップトレンドですが、
ダイバージェンス発生しており、
転換する可能性が否定できません。

今までは、EURは買い側の通貨、
GBPは売り側の通貨、
このような考え方で簡単だったんですが、
EURGBPの4時間足の転換により、
現時点では、EURは弱い通貨
GBPは強い通貨と考えなければなりません。

ただし、長期足ではまだまだアップトレンドなのは変わりないので、
単なる4時間足での調整の可能性もあります。

長期足のトレンドにいつでも戻されてもいいよう、
4時間足の動きには注目していく必要があります。

今のままのトレンドの最中は、
EUR売りGBP買いの考え方で
アップトレンドに転換したら、
EUR買いGBP売りの考え方に再びシフトする必要があります。

続いては、

AUDNZD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ダウントレンド中です。

長期足もダウントレンド中です。

週末は、上昇しているので、
もしかしたら転換の可能性もありますが、

現時点ではAUDが弱く
NZDが強い通貨となっています。

このように確認すると、
4時間足で、トレンド転換している通貨が多く確認できます。

このような時は、
通貨の強さが変化することが多いため、
スイングは難しい相場となります。

デイトレなどをやりながら、
どの通貨が今後の主役となっていくのか、
探っていこうと思います。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

【相場振り返り】素直に失敗を受け入れることが大切!

2016年08月22日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年8月15日~8月19日の相場を振り返っていきたいと思います。

あーあ・・・。
わかっていたのになぁ・・・。
失敗したぁ・・・。

という一週間となりました。

さっそく振り返っていきたいと思います。

エントリーしていた、
GBPJPYを確認していきます。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所でエントリーしておりましたね。

4時間足ではダウントレンド継続中で、
ダイバージェンスも発生していないので、
トレンド継続の可能性大ですが、

1時間足ではダイバージェンス発生しているので
調整が起こる可能性があるので、
上昇に動き始めたら決済します。

ということを前回のブログで公開していました。

ですので、チェックが付いている場所が
決済ポイントとして理想的な場所かと思います。

もちろんこの時点で確認していたら、
間違えなく決済していたと思うのですが・・・。

実際はまだまだエントリー中です。

この場面を見逃してしまい、
気が付いたときには結構上に上がっていました。

もともとは1時間足のトレンド転換で決済しようと思っていたので、
気が付いたときに決済するべきでした。

ただ、4時間足は前回のブログでも書いた通り、
下落方向の動きが継続しています。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

このチャートを見ても問題なさそうですし、

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

USDJPYもまだまだ下落方向ですので、
JPYが強いのも継続中。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

EURGBPも前回同様アップトレンドです。

ですのでGBPが弱いのも継続中。

強いJPY弱いGBPという形が
4時間足ではまだまだ継続中ですので、
今後も長期的に下落の可能性は非常に高いです。

これだけの根拠があるので、
まだまだ保有続けても大丈夫!!!
と、張り切って保有を続けました。

まぁたしかに週末は下げてきたし、
これからもまだまだ下げる可能性は高いですけど・・・・

結局1時間の調整を耐えたおかげで、
1週間全然利益は伸びず、
マイナスのスワップが付いたおかげで、
全体的にお金が減っている結果となりました。

もともと4時間足でスイングをやっていると思っていれば、
特に問題ないですが、1時間のスイングという考え方だったため、
なんだか1週間無駄にした気分です。

GBPJPYに執着し、一生懸命保有する根拠を探すよりも、
潔く決済し、他の通貨ペアを確認して、
利益の出やすい相場を探した方が賢明だったなと思いました。

こういうことって、わかっているつもりなんですが、
ついついやってしまうこと・・ありますよね。。。

とっても公開するには恥ずかしい失敗ですが、
やりがちといえばやりがちだと思いますので、
あなたも気を付けてくださいねーという意味も含めて公開してみました!

失敗することは誰にでもありますので、
失敗したと思ったときは、
自分のように正当化できる根拠を探すことをせず、
素直に失敗を受け入れてくださいね。

そちらのほうが、結果的に傷が浅く済むと思います。

というわけで、
今回は、失敗しつつも、まだまだGBPJPYショートエントリー継続中です。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

【相場振り返り】気楽にポジションを保有できる根拠とは!?

2016年08月16日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年8月8日~8月15日の相場を振り返っていきたいと思います。
ようやく楽しい相場が始まってきたような兆候が出てきました!

さっそくいつも通りの通貨ペアを確認していきます!
まずは、USDJPYからです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にダウントレンド中です。

USDが売られ、
JPYが買われる動きとなっています。

長期足もダウントレンドなため、
まだまだこの流れは継続の可能性があると考えました。

つづいて、
EURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にアップトレンドです。

長期足もアップトレンドのため、
継続的にこの流れが続く可能性があります。

ですので、EURが買われ、
GBPが売られる動きが続くと判断しました。

このような動きになった時には、
必ず登場するので、
早々できると思いますが、
強いJPYと、弱いGBPを組み合わせ、
GBPJPYのショートを狙いたいと思います。

さっそく確認です。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

思惑通りのダウントレンド中です。

もちろん長期足もダウントレンド中なので、
まだまだ下落の可能性が大きくあります。

実際のエントリーは、
1時間足でタイミングを合わせました。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

自分のロジック通りに矢印の場所でエントリーです。

280pipsくらい利益が伸びており、
今現在も保有中となっております。

4時間足では、まだまだ下落の余地はありそうですが、
1時間足では、ダイバージェンスが発生しており、
1時間足レベルの調整が起こる可能性が出てきました。

一応保有は続けているものの、
上昇の勢いが今後増すようならば、
一度決済を検討しようと考えています。

ただし、
今のところは、GBPJPYにはその傾向がありますが、
GBPJPYを選択するきっかけとなった
USDJPYや、EURGBPがまだまだ元気に動いているので
問題ないかなぁとは考えています。

保有を続ける根拠として、
通貨自体の勢いを確認していると
とっても気楽に、
自信を持って保有を続けられるので、
通貨ペアの選択というのは、
本当に重要なようをだなぁと改めて感じました。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る