【相場振り返り】トレーダーはマインドが大事!

2016年08月29日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年8月22日~8月26日の相場を振り返っていきたいと思います。

エントリーしていた、
GBPJPYを確認していきます。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

もともと決済を失敗したトレードです・・。

もう一度下がってくれることを祈りつつ
週明けを迎えたのですが・・・
自分の思い届かず、
どんどん勢いが上に上がっていきます。

もう・・ずいぶん前から
勢いが変わっていることに気が付いていながら、
気が付いていないふりをしながら保有をしてきました。

さすがにもう保有する意味もないと
なくなく諦めて×の場所で決済となりました・・・。

一時期は430pipsくらいの含み益が出ていたのですが、
結果100pipsほどの利益で終わりました・・。

ちょっと落ち込み、、
トレードする気にならなかったので、
分析だけはして、ドライブとかして気分転換する週にしました!

自分は、負けてしまう時より、
今回のような自分のミスで、大きく利益を減らし、
大勝だったはずが、ちょっと勝ちで終わった時の方が
次のトレードでムキになり、
もっと悲惨なミスを犯してしまうことが多かったためです。

自分の性格でダメだと思うことって、
自分も気がついていても、
どうしてもなおせないことってありますよね・・・。

自分はどうしても改善できないため、
最悪なケースを起こさないようこのような形で、
失敗する時の自分になると抑えられないので、
自分の性格を理解してなるべく前に避けるようにしてます!

トレーダーって、
本当にマインドが大事だなぁと
こういう状況になると改めて感じます。

前置きが長くなってしまって申し訳ありませんが、
トレードはしなかったため、
いつもの通貨ペアの分析だけをしておこうと思います。

まずは、USDJPYからです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

先週は、完全にレンジ相場だったため、
USDJPYほぼ同じくらいの強さだったと感じます。

長期足は下落相場でしたので、
いずれ、下落がはじまりJPYは再び強くなり、
買われ始める確率の高い相場でした。

ただし、週末に大きく上昇し、

USDが強くJPYが弱い動きとなりました。

H4では完全にトレンド転換となりました。

このため、USDJPY含めて
クロス円の売りはしばらく封印しないとかなと思います。

長期足はまだまだダウントレンド中なので、
H4の調整の動きの可能性もあるため、
スイングをやるには円を使うのは難しくなりました。

デイトレより短い時間足であれば円売りの考え方、
スイングをやるならばまだまだ円買いの考え方、
トレードスタイルによって考え方を変えないといけないような通貨は、
勝ちにくい通貨の可能性大ですので、
しばらくJPYは様子見です。

続いては、

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

H4は完全にトレンド転換しました。

日足は、まだまだアップトレンドですが、
ダイバージェンス発生しており、
転換する可能性が否定できません。

今までは、EURは買い側の通貨、
GBPは売り側の通貨、
このような考え方で簡単だったんですが、
EURGBPの4時間足の転換により、
現時点では、EURは弱い通貨
GBPは強い通貨と考えなければなりません。

ただし、長期足ではまだまだアップトレンドなのは変わりないので、
単なる4時間足での調整の可能性もあります。

長期足のトレンドにいつでも戻されてもいいよう、
4時間足の動きには注目していく必要があります。

今のままのトレンドの最中は、
EUR売りGBP買いの考え方で
アップトレンドに転換したら、
EUR買いGBP売りの考え方に再びシフトする必要があります。

続いては、

AUDNZD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ダウントレンド中です。

長期足もダウントレンド中です。

週末は、上昇しているので、
もしかしたら転換の可能性もありますが、

現時点ではAUDが弱く
NZDが強い通貨となっています。

このように確認すると、
4時間足で、トレンド転換している通貨が多く確認できます。

このような時は、
通貨の強さが変化することが多いため、
スイングは難しい相場となります。

デイトレなどをやりながら、
どの通貨が今後の主役となっていくのか、
探っていこうと思います。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る