【相場振り返り】気になる!ユーロ離脱後の攻略法は?

2016年07月04日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年6月27日~7月1日の相場を
振り返っていきたいと思います。

大きく動いた次の週。
動き出すことを楽しみに分析開始です。

まずは、いつも通りのUSDJPYからです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にダウントレンドです。

ですので、
USDが売られ、
JPYが買われている動きは相変わらずです。

続いて、
EURGBPを確認します。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

アップトレンドです。

ですので
EURが買われ、
GBPが売られる動きとなっております。

このような動きの時は、

買われているJPYと、
売られているGBPの組み合わせの
GBPJPYの売りを狙いたいと思います。

GBPJPYは長期足がダウントレンド中ですので、
いい動きになる可能性大だと思いました。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

窓空きからのスタートでした。

個人的に窓明け相場は、
窓を埋めてから動き出すことが多いです。

ですので、週明けからのトレードは避けて
下落方向に動き始めたらトレードを始めようと思い
様子見していました。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足での戻し売りを狙いたかったので、
1時間足でのアップトレンドから転換する場所を探していました。

矢印の場所でようやく転換し、
ようやく動き出すかなっと思い、
エントリーの準備開始です。

GBPJPY 15分足

矢印の場所でエントリーしました。

15分足のトレンド転換ということが根拠です。

×が決済ポイントです。

エントリーしたものの、
動きが非常に鈍く、
利益にならずでした。

USDJPYがなかなか下落方向に動いてくれなかったことが原因かなぁと反省です。

結局15分足のダイバージェンス発生を確認し、
陽線が何本か発生した時点で決済でした。

70pipsくらいの利益です。
全然動きがない週となり、つまらない動きでした。

来週に期待です!

それでは今回はこれで以上です。
ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る