【相場振り返り】通貨ペア選択の難しさ

2016年05月30日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年5月23日~5月27日の相場を
振り返っていきたいと思います。

5月は全然値動きがなく、
つまらない相場が続いていましたが、
ようやくなんとなく動きが出てきたかなぁと
ちょっと感じるようになりました。

このままどんどん動きが活発になったらいいなぁと感じます。

今回もいつも通りのUSDJPYからのスタートです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足では、
アップトレンドからのレンジとなりました。

とりあえず、安値更新しない限りは
今まで通りのUSDが強い、
JPYが弱いという感覚で行こうと思います。

続いてEURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。
先々週と変わらず下落相場です。

日足でも安値更新し、
下落の勢いが強くなりました。

非常に勢いが強いため
EURの売りか、
GBPの買いを基準として、
トレードしていくことにしました。

早速まずは、強いGBP
弱いJPYを組み合わせます。

GBPJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

思惑通りの上昇で、
稼ぎまくるはずだったのですが・・・

日足とトレンドの方向感が合わず、
大丈夫かなぁと躊躇しているうちに、
どんどん上昇してしまい、
完全に乗り遅れました・・・。

長期のトレンド方向に乗るのが大好きなので、
今回のように、日足や週足と違う方向に勢いが出てしまう時に、
どうしても一歩遅れてしまうのが、自分の悪い癖です・・・。

ですので、
一気に勢いが出てしまうと乗り遅れちゃいます・・。

というわけで、
今回はGBPの買いを諦め、
EURの売りに焦点を当てて、
トレードすることにしました。

売り通貨は、決定しているので、
買い通貨探しスタートです。

GBPより、強い通貨ないかなぁと探し始め、
まずはUSDと比べました。

GBPUSD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

微妙なところですが、
少なくても4時間足では、アップトレンドに見えるので、
GBPのほうが直近は強いかなと思い、USDは却下です。

続いて、
GBPAUDや、GBPNZDを見ても、アップトレンドで、
明らかにGBPの方が買われていて
なかなかいい通貨が見つかりませんでした。

そのあとようやく面白そうな通貨を見つけました。

GBPCAD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全にアップトレンドなのですが、
ダイバージェンス発生後、
明らかに下落の勢いが強くなり、
4時間足では、トレンド転換しました。

少なくても直近相場では、
CADのほうが買われているようにみえました。

ということで、
弱いEURと、強いCADを組みあわせることにしました。

EURCAD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足はダウントレンド中で、
4時間足は矢印の場所で安値更新し、
トレンド転換しました。

とってもいい感じです!

1時間足も見てみます。

EURCAD 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

実際は15分足で
自分のロジック通りにエントリーしたのですが、
今回は1時間足で表示しています。

矢印でエントリーして、×で決済しています。

今現在もちょっと保有しているのですが、
初めての通貨ペアで、
理想通りのトレードができてとっても満足です!

最近楽しいトレードがなかなかできずに
ストレスたまっていましたが、
今回はとっても楽しいトレードでした!

通貨ペア選択ってほんとに複雑で難しいですが、
予想通りはまった時、サイコーです^^

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る