【相場振り返り】強弱判断で最良の通貨ペアを見極める!

2016年05月09日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、
先週の2016年5月2日~5月6日の相場を
振り返っていきたいと思います。

先週の記事の最後の記事でこんなことを書いていました。

JPYが非常に強く買われていて、
EURも買われ傾向
になってます。

逆に、AUDは強く売られていて、
GBPも売られ傾向
になってます。

今週もそのまま続くのかどうか、
もし続くようであれば上記通貨を組み合わせて
今週は狙っていこうと思います。

これを参照しながらスタートです!!

まずはUSDJPYから確認です。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

完全に下落相場です。
4時間は見ての通りですが、
日足でも下落の勢いが強いため、

JPYが強く買われていることが判断できます。

買い通貨はJPYに決定したので、
次は売り通貨を確認していきます。

週末チェックして、
売られている傾向がある通貨は
AUDとGBPだったので、

GBPAUDを確認して、どちらが弱く、
売られているのかを確認します。

GBPAUD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

アップトレンドです。
大きく上昇していました。

これで、一番弱くなっている通貨は
AUDということを確認することができました。

強いJPYと、弱いAUDの組み合わせて、
AUDJPYの下落想定で相場チェックしました。

AUDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

思惑通り、
ダウントレンドになっていました。

あとは、タイミングを合わせて
エントリーするだけです。

AUDJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印付近でのエントリーとなりました。
AUDが弱いことは相変わらずなのですが、

JPYの強さが勢いが弱くなってしまい、
下落の勢いがなかなかつかず
苦戦してしまいました。

ただ、先週は他にあまり有効な通貨ペアも
見つけられずにそのまま放置です・・・。

今はなかなか大きな勢いが出ている通貨がなく、
スイングトレードがなかなかできない、
我慢の時期かと思います。

こんな時は、自分はコツコツデイトレで資金を積んでいくか、

今回書いているような
ただただ、レンジブレイクを待っているような時があります。

稼ぎにくい相場状況なのは事実なので、

こんな時は、トレードしていた時間を
勉強する時間にあてて、

大きなトレンドが発生したときに
たくさん稼げるように備える時間に
していきたいと思います。

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る