【相場振り返り】勝ち続けている時こそ慎重に

2016年04月18日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、
先週の2016年4月11日~4月15日の相場を
振り返っていきたいと思います。

先週の特徴としては、
長期のトレンドと逆方向に
勢いがついているペアが多く、

利益を出すのが難しい相場環境でした。

さっとく確認していきます!
まずはUSDJPYから確認です!

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

下落の勢いが非常に強かった
USDJPYでしたが、上昇を始め、

上矢印の場所で
前回高値を切り上げる動きになりました。

これにより、
4時間足ベースではトレンド転換が起こり、
一時的にUSDが強くなりました。

しかし、長期足では、
非常に下落の勢いが強い相場ですので、

おそらくこの勢いは、
一時的ではないかと思っていたところ、

下矢印の場面で再び転換し、
今まで通りの円が強い相場環境に戻ってきました。

この一時的な上昇により、

クロス円の相場が、
全体的に一時的に上昇するような相場となり、

トレンドと逆方向に勢いがつく相場となり、
週末またトレンド方向に動く流れとなりました。

続いて、

EURGBPを確認します。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

下矢印のポイントで、
4時間足ベースにてトレンド転換が起こりました。

これにより、EURが弱く、GBPが強い、
強弱の転換が起こりました。

ただし、日足などの長期足が、
まだ強いアップトレンドのため、
この勢いは一時的な可能性もあります。

この2つの通貨ペアで確認できることは、

とりあえず、
週末はドルよりも円が強くなり始めた。

EURが弱くなって、
GBPが強くなっている。

差益が出そうなペアを組み合わせると、

GBPUSDのロング狙いか、

EURJPYのショート狙いかに絞られます。

GBPUSDは、
日足でレンジを起こしているので
方向感がいまいちです。

EURJPYは、
日足でダウントレンドを起こしているので、

ショートするには、
長期のトレンド方向にエントリーできるので、
絶好なチャンスになる可能性があります。

EURJPYを確認します。

EURJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

やはり、いい感じで下落しました。

実際には、1時間足でタイミングをはかって
エントリーしますが、

自分のタイミングでは、
70pipsほどの利益が出ています。

しかし、
自分エントリーしたのは、違う通貨ペアでした。

実際にエントリーしたのは、
GBPJPYです。

GBPJPYを確認します。

GBPJPY 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

下矢印の場所でショートしています。
今のところ、+0.1pipsの利益です・・・

つまり、
いやぁ・・失敗しました・・。

通貨の強弱を信じていれば、
今頃EURJPYで利益がそこそこ出ているはずでしたが、

チャートパターンが
正直GBPJPYのほうが、非常にきれいで、

さらにEURGBPの勢いも
一時的になる可能性があるから、

またGBPが弱くなるんじゃないかなぁと

安易な予想をし、
GBPのほうがボラティリティが
でかいので利益になったら大きくなるはずと、

GBPJPYをエントリーしちゃいました・・・。

今回のエントリーで、
チャートの形よりも、
通貨の勢いの方を信じた方がいいなぁと
改めて感じました。

勢いがついている通貨ペアは、
今は汚くても、未来は勢いがある方が
きれいなトレンドを形成しますからね。。。

今回は反省が多い1週間となりました。

先々週に大勝したので、
調子に乗っちゃっていたかもしれません^^;

こんなときほど、
慎重にやならきゃダメですね!

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る