【相場振り返り】GBPUSDで210pips獲得!

2016年03月28日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、
先週の2016年3月21日~3月25日の相場を
振り返っていきたいと思います。

3月になってからの相場は、
コロコロと通貨の強弱に変化が起こり、

トレンドにも行ったり来たり、
めんどくさい動きが続いています。

日足や4時間足くらいで、
レンジっぼい相場になっているんだなぁと感じます。

こんな時は、スイングトレードできず
デイトレでコツコツ稼ぐしかなく、
ダラダラトレードが続いています。

先週の主役はUSDかなって思いました。

それでは確認していきます。

まずは、USDJPYから確認です。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

再び上昇をはじめ、

矢印の場所でアップトレンドとなりました。

これにより、
USDが買われ始めたことが確認できました。

しかし、日足や週足レベルでは、
ダウントレンドです。

長期足の調整方向に動いている
可能性があります。

トレンドラインをあらかじめ引いておき、
これをブレイクしたら、

再び円高になる可能性があると、
注意しながら監視を続けます。

続いてEURGBPの確認です。

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

今現在、4時間足ではレンジ内にいて、
方向感はあまりありませんが、

直近はゆっくり上昇しており、

矢印の時間に高値切り上げで
大きな陽線が発生し、
上昇の勢いがついてきました!

これにより、EURが買われていて、
GBPが売られ始めていることが予想されました。

この2つの通貨ペアから、

もっとも強弱感がある通貨を組み合わせると、

強いUSD弱いGBPの組み合わせの、
GBPUSDの下落が予想されます。

それではさっそく確認です。

GBPUSD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

EURGBPと同じ時間に
矢印が付いています。

EURGBPの高値ブレイクと同時に、
GBPUSDの下落ブレイクが
起こっております。

これにより、
GBPUSDの下落の可能性が
より強くなりました。

エントリー自体は1時間足です。

GBPUSD 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足でダウントレンド確認後、
1時間足の戻し売り戦略で、
矢印のポイントでエントリーです。

そして、ダイバージェンスが発生し、
大きい陽線も発生、

上昇を始めた×のポイントで決済です。

210pips利益確定しました。

結局、懸念していたUSDJPYの
トレンドラインブレイクもすることなく、
そのまま終了しました。

GBPUSDの下落が続いて、
USDJPYがブレイクして下落したら、

再びGBPJPY

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る