関野典良の相場分析は今後とうし科!!で更新してまいります!

いつも関野典良公式HPをご覧いただき、ありがとうございます。

今後の相場分析は、
クロスリテイリングが運営する「とうし科!!」で更新してまいります。

変わらず毎週月曜日に更新してまいりますので、これからもぜひご覧ください。

他の講師の相場分析や、FXに関する役立つ記事も読むことができるので、
ぜひとも「とうし科!!」をチェックしてみてください!

「とうし科!!」はコチラ!

2016年9月更新記事一覧

2016年9月5日

最新の記事が一番上に表示されます。

【相場振り返り】マインドに合わせてスタイルを変える!

2016年09月05日

こんにちは!

関野です。

それでは今回は、先週の
2016年8月29日~9月2日の相場を振り返っていきたいと思います。

気分転換が功を奏したのか、
先週は普段通りの自分でエントリーできたような気がします。

うまくいかない時は、
うまくできなかった自分を否定するのではなく、
ちゃんと受け入れて、
気持ちをリセットすること、
大事だなぁと再確認した週でした。

というわけで、
ちゃんとリセットできたつもりなので、
いつも通りの相場分析をしていきたいと思います。

前回のブログでも分析載せてしまっているので、
簡単に復習していきたいと思います。

まずは、USDJPYからです。

USDJPY 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

トレンド転換してアップトレンドになった4時間足。

先週はやはり思惑通りの上昇相場となりました。

USDが強く、
JPYが弱い動きとなりました。

他の通貨ペアを見ていても
JPYは非常に弱くなっており、
デイトレーダーやスキャルの方にっては、
クロス円の絶好の買い場となっていたと思います。

スイングトレーダーの人にとっては、
長期足の調整の場面の可能性がまだまだ残っているので、
クロス円の売り待ち状態ですのでしばらく触れない状態の通貨と考えます。

続いては、

EURGBP 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

4時間足は完全にトレンド転換した後、
さらに下落の勢いが付いてきました。

先週の勢いでは、
素直にGBPが強くて、
EURが弱い相場と考えてトレードしていれば問題なかったかと思います。

前回のブログ記事でも書いておりますが、
長期的にはまだまだアップトレンドです。

また長期足の方向に動き始める可能性もありますが、
動き始めてから考え方を変えればいいだけです。

準備しておいて、
今は、EURが弱くて、
GBPが強い通貨と考えればいいと思います。

特にGBPの強さが目立っていると思います。

続いては、

AUDNZD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

ダウントレンド中です。

長期足もダウントレンド中です。

先週もちゃんと下落してきました。

とってもわかりやすい通貨ペアだなぁと思います。
こういうペアをただポジション持ちっぱなしにしてもいいですね^^

AUDが弱く、
NZDが強い通貨となっています。

どの通貨ペアも
前回の記事で書いてありました分析通りの動きになっていると思います。

実際に自分がエントリーしたペアはこちらです。

EURNZD 4時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

日足も4時間足もダウントレンド中です。

正直あまりきれいなチャートではありません。

ただ、
GBPの強さに押され弱くなっているEUR
相当強いNZDの組み合わせならば、
トレンド出るのではないかと思いました。

まぁ本来ならば、
正直、クロス円のロングが圧倒的に有利だったんですけどね^^;

スイングトレードでのんびりやりたかったので、
長期足の調整方向のクロス円ですと、
ある程度の監視は必要だと思いましたので、
ほったらかししても問題なさそうな
長期足とトレンドが一致しているペアを選択しました。

EURNZD 1時間足

先週は縦ラインの所からスタートしています。

矢印の場所でエントリーしました。

そして、そのまま放置してあります。

ボラが全然ないので120pipsほどの利益にしかなっておりませんが、

損切り幅も非常に小さかったため、
ロットを普段より多く入れられたため、
利益自体は大きくプラスとなっております。

ゆっくりのんびりしていて、
リハビリにはちょうどいいです。

最近は、スイングトレードをしつつ、
スキャルピングの勉強をするために、
過去検証とフォワードテストを繰り返しています。

この勉強でとってもストレスかかっているので、
気持ち的にもこれくらいの緩いのんびりトレードはいいかもしれないです^^

それでは今回はこれで以上です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!!

ページトップに戻る